宮城県立こども病院の薬剤師求人情報

こども病院の薬剤師転職TOP >> 求人情報 >> 宮城県立こども病院

宮城県立こども病院の薬剤師求人情報

宮城県立こども病院では、医療スタッフの募集を積極的に出しています。医師や看護師のほかにも、ほかの医療スタッフの募集が出ることもしばしばです。もちろんその中には薬剤師の募集も含まれます。ただし随時募集しているわけではなく、タイミングによっては求人の出ていないこともあります。もし気になるのであれば、宮城県立こども病院のホームページ・採用情報に最新の募集要項が記載されています。こちらで情報収集をしましょう。正規職員・常勤の案件もありますし、臨時職員という形で一定期間だけの雇用の案件もあります。長期的に仕事を続けたければ、雇用形態がどのようになっているか確認の上で応募することです。

宮城県立こども病院の薬剤部では、基本理念として5つの柱を掲げています。それは患者が満足できるような医療サービスの提供・経営の健全化・薬剤師個人のレベルアップ・チーム医療に積極的に参加する・地域医療への取り組みのためほかの医療機関との連携を進めるの5つです。面接試験などの際に志望動機などを聞かれるでしょう。その際に、この宮城県立こども病院の理念を念頭に置いて考えれば、説得力のある答えを作成できるでしょう。

宮城県立こども病院薬剤部の仕事は主に3つの柱によって構成されています。まずは内服・外用薬の調剤業務です。これらの薬は処方箋に基づき作成します。調剤薬局やドラッグストアにおける業務とほぼ一緒です。しかしこども病院の場合、散薬・水薬が多くなりますのでその点は頭に入れておきましょう。2つ目の業務は注射薬の調剤です。高カロリー輸液や新生児に対する注射薬、抗がん剤など幅広い薬剤を取り扱う形になります。最後の業務は病棟業務です。サテライトファーマシーが病棟に設置されています。こちらで予約のセッティング、薬品の管理、患者やその親御さんへの服薬指導、持参薬があればその確認を担当します。

そのほかにも宮城県立こども病院では医薬品情報の管理・提供業務、製剤業務なども必要に応じて行います。さらに時に宮城県立こども病院で治験を実施することもあります。新薬を販売するための臨床試験のことで、治験薬の調剤や管理、治験の全般的なマネジメントなどを担当します。注射薬はバーコードなどで管理をして、患者のつけているリストバンドと照合してから処方するなど安全性を高める対策を実施しています。患者の立場に立った活動を希望するのなら、宮城県立こども病院への転職を検討しませんか?

こども病院の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細

TOP

こども病院の薬剤師転職情報

こども病院の薬剤師求人情報


Copyright (C) 2018 こども病院薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.